プロフィール

Author:くりじゃじゃ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日常の出来事


窓の外は雨 雨が降ってる🎶


  物語の終わりに こんな雨の日似合いすぎてる






 プププププッ じゃじゃまるゥ誰の物語だってぇ


 それは先週の雨の日の物語さ。

   雨で散歩に連れて行ってもらえず

   くりりんが『いぬきも』付録のロープで遊んでいたから




   


   奪ってやったら





 ほらこれだけあったら くりりんのを奪わなくてもいいでしょ。

   とお母さんが箱ごと全部のオモチャを出した。

   だから独り占めしてやろうとしたら






 早く行きなさい。

   と怒ったお母さんがボクを追い出そうと玄関のドアを開けたのかと思ったら

   くりりんがだった。




   

   
   ボクはオシッコももちゃんとトイレでするんだ。

   
   お母さんは忙しいんだからトイレですればいいのに困ったヤツ。

   ねえお母さん

   
   お母さんは「じゃじゃまるはお利口だねえ」という目でボクを見ていた。





   すると自分もお利口と思われたいくりりんは

   夜におにいをカリカリして外へ出してもらってをして

   寝る前には一人でトイレでをした。

   案の定お母さんは


 あら~くりちゃんトイレでしたのォ。お利口。

    と褒めちぎった。

   だからボクはくりりんに言ってやった。

 3か月に1回くらいトイレでしても全然お利口じゃないんだゾ。

   本当のお利口になりたかったらは我慢しろ。

   お母さんが片づけなくちゃならないんだから。





  
   そしてボクはこの日お母さんにお世話をかけないように1日中我慢した。

   これが『じゃじゃまるの雨の日の物語さ』


 ちょっと待った~ッそれで終わりじゃないべぇ。

   最後までちゃんと語れよな。




 いいのか!武士の情けで黙っててやってるのに。

   じゃあ続きを語るぞ。本当にいいのか?

  そして静かに夜は更け日付が変わった午前3時頃お母さんが絶叫した。

 お父さん電気つけて くりりん食べちゃダメ

   お母さんの掛け布団と敷き布団に大量の

   それをくりりんがペチャペチャ舐めてたんだ。


 昨日3回もしたのに・・・。ご飯の食べすぎだもの。

   どけて布団を変えるから。


   そうしたらくりりんはお父さんの布団に行ってグ~スカ寝てしまった。

   ボクは自分の布団で寝ていたけどお母さんにくっついて寝ようとしたら


 じゃじゃそこは邪魔。取り換えるって言ってるでしょ。

   と怒られた。なんでボクが怒られるんだ!雨の日の涙の物語

               



 なわけないだろ。あれはボクがしたんじゃないぞ。

   前の日に3回もたっぷりしたのにまた3回分の量できるわけないじゃん。

   じゃじゃまるは1回もしてないんだからな


 くりりんが舐めてるから疑われるんだァ。

   だまって寝ていればわからないものを


窓の外は雨 雨が降ってる🎶

  いく筋もの雨が ボクの心のくもりガラスに♬




            雨の日母の絶叫物語


                  






 

続きを読む »

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:お出かけ

私が富良野に行ったのは決して


嵐の木を見たかったからではありません。


くりじゃじゃの狆道中




くりりんのてんかんの発作を抑えるために使っている

ラベンダーの精油を買うために行ったのです。


正午少し前フラノマルシェに到着。



くりじゃじゃの狆道中






今回ファーム富田に寄る予定がなかったのでここでファーム富田の

ラベンダー100%ピュアオイル12ml1050円ほか

無添加ラベンダー石鹸・ラベンダーポプリなどラベンダー製品と

なぜだかへそのおまんぢう


(富良野は北海道のおへそ中心点があるのです)や

ふらのワインを買いました。


くりじゃじゃの狆道中





富良野は私の家から三笠インターまで高速を走り


桂沢湖を通って2時間弱なので

1年に1,2回ふらっと遊びに行きます。

ですからガイドブックに載っているような所は一通り回っているのですが

今回は行ったことのないところに行ってみようということで

まずは北の国からの舞台。

なぜ今まで行ったことがなかったのか。それは興味がなかったから。

テレビドラマをほとんど見ないので

北の国からも五郎さんがまだ東京にいて

いしだあゆみさん(役名は知らない)とゴチャゴチャしている回と

北海道に来てからのを2,3回を見るとはなしに見た程度なので

内容がわかかっていません。

わかっていないのにこんなことを言うとホラ非道民になりそうだけど

それは五郎さんの生き方でしょ。

私はそんな生き方はできないし したいとも思わないかな。

それなのになんで行ったかって?

ブログネタのためでしょ

というわけで行ってははみたもののわけが分からないので

解説はなしで写真だけ


拾ってきた家


くりじゃじゃの狆道中





五郎の石の家


くりじゃじゃの狆道中




くりじゃじゃの狆道中





最初の家



くりじゃじゃの狆道中





くりじゃじゃの狆道中





北の国から探訪マップなるものを見ると富良野全体が撮影現場のようで

私たちがよくローストビーフ丼を食べに行く


くまげらもそのうちのひとつだったみたい。

暑いし森の中で虫が多いのでチャッチヤと回ったつもりが

翌日トリミングに行くと

じゃじゃまるの左の瞼にダニが刺さっているみたいとトリマーさん


くりじゃじゃの狆道中




間もなく終わったくりりんも右の瞼にダニが刺さっているって。


くりじゃじゃの狆道中




ひえ~やっぱり動機が不純だと報いがくるのか

それにしてもこんな小さいのよくわかったこと。

VIDAのスタッフのみなさんはいろいろ気をつけて見てくれるので

ボンヤリの私はとっても助かっているんです

トリミングの後はいつもくりりんが病院へ行くので


じゃじゃまるも一緒に行って

無事ダニをクリクリっと抜いてもらいました

 もしこういう所に行くことが多ければ
    その時だけ薬を使った方がいいかもしれませんね。


 バベシアを起こすダニとは違うんですか?
  
  (前に北海道ではフロントラインは必要ないと言われていたので)

 同じですよ。この辺にもいます。
     でもバベシアは北海道にはないんです。
    道南で1頭だけ発症の報告がありますが
     それも本州に行ってもらってきたものだし。


 ダニがついたままにしておいたらどうなりますか?

 お腹いっぱい血を吸ったら自分から離れます(笑)
     だから放っておいてもどうということはないんですが
     皮膚の弱いワンちゃんは腫れますから。


私は北海道のダニはバベシアを起こすダニと違うとばかり思ってた。

へえ~ここのお医者さんが


フロントラインは必要ないとおっしゃっていたのはそういうことだったんだ。

じゃあ今度山の中へ行くときは天然ハーブの虫除けで・・・。

でも今回も天然ハーブの虫除けつきサマースカーフをしたのにねえ


とこれは翌日談で 話は前日へと戻します。


五郎さんの家でダニをいただいて美瑛エリアへ


青い池


くりじゃじゃの狆道中



『十勝岳連峰から流れるアルミニウムを含んだ地下水が
 美瑛川と混ざって発生するコロイド現象』


とガイドブックに書いてありました。


それからやっと昼食タイム

Cafe de La Paix

ログハウス・デッキすべてオーナーの手作りなのだそうです。


くりじゃじゃの狆道中



ペットじゃらんのドッグカフェと同じページに載っていたので

斜め読みする私の悪い癖でドッグカフェだと思い込み

くりりんとじゃじゃまるにもおいしいご飯をと思っていたのに

テラス席のみペットOKの人間専門のログカフェでした。

お腹がすいていてお料理のに匂いに興奮状態の2ワンコに

ローストポークの味のついていないところを少しだけおすそ分け。


くりじゃじゃの狆道中




ここまで来たのだからラベンダーの写真も撮るべかと

私のお気に入りの四季彩の丘へ。

ラベンダーは6月下旬からと思っていたけれど

今年はラベンダーもほかの花も遅いのかな まだまばら。

でも雪の残っている十勝岳連山がきれいでしょ。




くりじゃじゃの狆道中






5時を回っていたのでまっすぐ帰ろうかと思ったけれど

今レアな写真はやっぱり嵐の木

ここは私有地なので公開しておらず立ち入りも禁止

所有者の方も遠くからそっと見守ってくださいとおっしゃっているとか。

今までの私なら「ただの木でしょ。」と絶対行かないのだけれど

ほらブログネタ

ガイドブックに場所は書いていないのだけれどヒント(それもすぐわかる)が

書いてあったので行ってみたら国道の両側たくさんの車

中には大型トラックも。


今はまだそれほど知られていないからこの程度ですんでいるけれど

今に事故が起きるゾ!


と自分のことを棚に上げて思うくりじゃじゃでした

翔君の木はどれ?


くりじゃじゃの狆道中






DATE: CATEGORY:おでかけその他
JUGEMテーマ:いぬのきもち


 
私が富良野に行ったのは決して嵐の木を見たかったからではありません。




くりりんのてんかんの発作を抑えるために使っている

ラベンダーの精油を買うために行ったのです。


正午少し前フラノマルシェに到着。




今回ファーム富田に寄る予定がなかったのでここでファーム富田の

ラベンダー100%ピュアオイル12ml1050円ほか

無添加ラベンダー石鹸・ラベンダーポプリなどラベンダー製品と

なぜだかへそのおまんぢう(富良野は北海道のおへそ中心点があるのです)や

ふらのワインを買いました。




富良野は私の家から三笠インターまで高速を走り桂沢湖を通って2時間弱なので

1年に1,2回ふらっと遊びに行きます。

ですからガイドブックに載っているような所は一通り回っているのですが

今回は行ったことのないところに行ってみようということで

まずは北の国からの舞台。

なぜ今まで行ったことがなかったのか。それは興味がなかったから。

テレビドラマをほとんど見ないので

北の国からも五郎さんがまだ東京にいて

いしだあゆみさん(役名は知らない)とゴチャゴチャしている回と

北海道に来てからのを2,3回を見るとはなしに見た程度なので

内容がわかかっていません。

わかっていないのにこんなことを言うとホラ非道民になりそうだけど

それは五郎さんの生き方でしょ。

私はそんな生き方はできないし したいとも思わないかな。

それなのになんで行ったかって?

ブログネタのためでしょ

というわけで行ってははみたもののわけが分からないので

解説はなしで写真だけ


拾ってきた家





五郎の石の家







最初の家






北の国から探訪マップなるものを見ると富良野全体が撮影現場のようで

私たちがよくローストビーフ丼を食べに行くくまげらもそのうちのひとつだったみたい。

暑いし森の中で虫が多いのでチャッチヤと回ったつもりが

翌日トリミングに行くと

じゃじゃまるの左の瞼にダニが刺さっているみたいとトリマーさん




間もなく終わったくりりんも右の瞼にダニが刺さっているって。



ひえ~やっぱり動機が不純だと報いがくるのか

それにしてもこんな小さいのよくわかったこと。

VIDAのスタッフのみなさんはいろいろ気をつけて見てくれるので

ボンヤリの私はとっても助かっているんです

トリミングの後はいつもくりりんが病院へ行くのでじゃじゃまるも一緒に行って

無事ダニをクリクリっと抜いてもらいました

 もしこういう所に行くことが多ければ
   その時だけ薬を使った方がいいかもしれませんね。


 バベシアを起こすダニとは違うんですか?
  
  (前に北海道ではフロントラインは必要ないと言われていたので)

 同じですよ。この辺にもいます。
   でもバベシアは北海道にはないんです。
   道南で1頭だけ発症の報告がありますが
   それも本州に行ってもらってきたものだし。


 ダニがついたままにしておいたらどうなりますか?

 お腹いっぱい血を吸ったら自分から離れます(笑)
   だから放っておいてもどうということはないんですが
   皮膚の弱いワンちゃんは腫れますから。


私は北海道のダニはバベシアを起こすダニと違うとばかり思ってた。

へえ~ここのお医者さんがフロントラインは必要ないとおっしゃっていたのは

そういうことだったんだ。

じゃあ今度山の中へ行くときは天然ハーブの虫除けで・・・。

でも今回も天然ハーブの虫除けつきサマースカーフなるものをしたのにねえ


とこれは翌日談で 話は前日へと戻します。


五郎さんの家でダニをいただいて美瑛エリアへ


青い池



『十勝岳連峰から流れるアルミニウムを含んだ地下水が
 美瑛川と混ざって発生するコロイド現象』


とガイドブックに書いてありました。


それからやっと昼食タイム

Cafe de La Paix

ログハウス・デッキすべてオーナーの手作りなのだそうです。



ペットじゃらんのドッグカフェと同じページに載っていたので

斜め読みする私の悪い癖でドッグカフェだと思い込み

くりりんとじゃじゃまるにもおいしいご飯をと思っていたのに

テラス席のみペットOKの人間専門のログカフェでした。

お腹がすいていてお料理のに匂いに興奮状態の2ワンコに

ローストポークの味のついていないところを少しだけおすそ分け。




ここまで来たのだからラベンダーの写真も撮るべかと

私のお気に入りの四季彩の丘へ。

ラベンダーは6月下旬からと思っていたけれど

今年はラベンダーもほかの花も遅いのかな まだまばら。

でも雪の残っている十勝岳連山がきれいでしょ。





5時を回っていたのでまっすぐ帰ろうかと思ったけれど

今レアな写真はやっぱり嵐の木

ここは私有地なので公開しておらず立ち入りも禁止

所有者の方も遠くからそっと見守ってくださいとおっしゃっているとか。

今までの私なら「ただの木でしょ。」と絶対行かないのだけれど

ほらブログネタ

ガイドブックに場所は書いていないのだけれどヒント(それもすぐわかる)が

書いてあったので行ってみたら国道の両側たくさんの車

中には大型トラックも。


今はまだそれほど知られていないからこの程度ですんでいるけれど

今に事故が起きるゾ!と自分のことを棚に上げて思うくりじゃじゃでした

翔君の木はどれ?














DATE: CATEGORY:日常のできごと

年に1,2度しか行かない某大型ペットショップで


「やあ!まだ狆を飼っている人がいるんだなあ。」


と前に狆のブリーダーをしていたというご老人に声をかけられました。


男の人の90%には吠えるか逃げるかするじゃじゃまるが


同じ匂いをかぎ取ったのかおとなしくされるまま。


ブリーダーをされていた頃『狆クラブ』を作って


品評会もされていたのだそうですが


お店に出した子が売れないと引き取らなければならず


30頭も自分で飼っていたり


狆は弱いのでなかなか育たず


どんどん少なくなって交配させられなくなり廃業したのだそうです。


何度も何度もじゃじゃまるを「これはいい狆だ。」と褒めてくださり


じゃじゃまるは福岡の生まれだとお話しすると


本州にはまだいい狆を持っている人がいるからなあとおっしゃっていました。



くりじゃじゃの狆道中



狆は暑いと毛が抜けるので夏は品評会に出すまで


人間はクーラーのない部屋で汗をたらし


狆部屋はガンガンクーラーをつけていたとか


他の犬種と違って関節の骨と骨の間が離れているので折れやすいとか


年を取るにつれてだんだん舌が出てくるとか


いろいろお話してくださいました。



くりじゃじゃの狆道中



そして狆にも桃太郎系と小次郎系の2系統があり


じゃじゃまるとくりりんは小さいので小次郎系だなとおっしゃっていました。



くりじゃじゃの狆道中



私は狆が好きでくりりんを迎えたのではなく


迎えたくりりんが狆だったので狆が好きになりました。


初めの頃少し狆について調べましたがほんの少ししか情報がなく


犬種別の本もないのだと思い込み


これだけ知っていれば十分と思っていましたが


この後調べてみると狆を飼っている方たちのブログのなんと詳しいこと。


桃太郎系は目がまん丸で小次郎系はアーモンド形の目だそうなので


早速じゃじゃまるの目を見たら


あれ~真ん丸じゃない?



くりじゃじゃの狆道中



くりりんは確かにアーモンド形だから小次郎系!



くりじゃじゃの狆道中



でもくりりんはまつ毛が下向きで目にかぶさっちゃったから


今は小さく見えるけど


小さい頃はまん丸の目だったと写真を引っ張り出してみると


あら!やっぱり小さい頃から小次郎さん。



くりじゃじゃの狆道中



そしてじゃじゃまるも写真の撮り方で真ん丸に見えたけれど


実はやっぱり小次郎さん。



くりじゃじゃの狆道中



ほら小さい時の写真を見るとよくわかる。


くりじゃじゃの狆道中




狆の飼い主さんはこんなことくらいみんなご存じなのですよね。


なんと不勉強なくりじゃじゃ。




狆の本もあるとわかり早速ポチッとしようとお気に入りに入れて


よ~く読むと『現在お取り扱いしておりません』ばかり。


すでに廃版となり手に入らないのだとか。


図書館で借りられると教えていただいたので早速借りに行かなくては。


くりりんとじゃじゃまるの隠れた生態がわかるかも(笑)


もしかしたらじゃじゃまるは狆ではないと判明するかもしれません。


だって「狆はおとなしい」といろいろなものに書いてあるし


元ブリーダーさんもおっしゃっていたけれど


家にいるとテレビの中や外を通るワンちゃんに向かって


吠える唸るくりりんに襲いかかる


外ではカラスを威嚇するじゃじゃまるがおとなしいなんてありえないもの



くりじゃじゃの狆道中




元ブリーダーさんは「今日はとてもいい日だった」


とおっしゃってくださいましたが


私たちの方こそとってもうれしい日でした。





DATE: CATEGORY:健康


4月にくりりんとじゃじゃまるのワクチンの抗体価検査をしてもらいました。



               基  準       くりりん    じゃじゃ

ジステンパー    512~1024倍(160)  512倍   512倍     

パルボウイルス  256~512倍(40)    512倍   512倍 

アデノウイルスⅠ型
(伝染性肝炎)      3倍未満(40)   730倍    420倍

アデノウイルスⅡ型 

(伝染性喉頭気管支炎)  3~48倍      3倍      3倍

パラインフルエンザ     3~24倍      3倍      3倍


5項目のうちパルボウイルスと伝染性肝炎の抗体は十分だけれど

その他の3項目はギリギリとの結果だそうです。

あと1年は無理かもしれないけれど

今すぐワクチン接種をしなければならないということではないそうなので

12月の接種の月(2011年接種2012年未接種)に

もう一度抗体価の検査をして判断(私が)することにしました。



こちらに貼付しております写真は
記事内容とは一切 関係ございません






【 結果から 】



抗体価の基準 倍って何?


血液を何倍まで薄めたら抗体が消えたかを示しているのだそうです。

倍々と薄めるので例えばパラインフルエンザの場合6倍の次は3倍で

ギリギリということになってしまうのですね。

もしかしたら5倍あるのかもしれなくても。


基準値の違いは?

くりりん達の結果に書かれていた基準値は

上記の通りですが他のブログを見るとほとんどが( )の数字。

検査方法が違うのだろうか。

( )の数字であればくりりんもじゃじゃまるも

ジステンパーはギリギリではなく十分あることになるのだけれど。


感染の問題

アデノⅠ型(伝染性肝炎)のコメントは

「高抗体価です。ワクチン防御率は充分です。 
 また、感染を診るにはペアーによる抗体上昇を見る必要がありますが、
 この抗体価では、感染の疑い充分です」


と書いてありました。

これは感染しているということなのだろうか。





【私のワクチンへの思い】


そもそも私が毎年の混合ワクチン接種に不安を持ったのは

2011年の12月にワクチン接種をした後で

ワクチンは義務接種ではなく任意接種。

接種の副作用で重い障害が出たり時には死亡することがあり

それも少ない数ではない。

と知ったから。

次の接種までの1年間でどうしたらいいか考えようと思っていた


2012年8月に

くりりんがてんかんの発作を起こし てんかんのことを調べているうちに

ワクチンの接種によっててんかんを起こすこともあると知りました。






接種した時すぐにアナフィラキシーショックを起こすこともあるだけではなく

過剰な接種により抗体を作りにくい体になったり

最近では甲状腺の疾患が多くなっているということでした。

その時のブログに書いたことと重複しますがしつこく書かせてもらうと


甲状腺の機能が低下すると攻撃的になったり

てんかんを発症しやすいということが分かった。

この甲状腺の機能低下が過剰なワクチン接種によって

引き起こされているということが問題になっている。

ワクチン接種によっておこる問題

・ワクチン接種後にジステンバー脳炎

・神経の障害

・自己免疫疾患(筋肉・皮膚・目のトラブル)

・アレルギー反応

・腎臓疾患

・甲状腺機能不全

・アレルギー性の皮膚炎

・てんかん

・攻撃的な行動

・白血病

・関節炎

・ガン



ジステンパー・伝染性肝炎・パラインフルエンザ・パルボウイルス感染症は

ウイルスによっておこる絶対に予防すべき最低限の伝染病。

これに対するワクチンは通常長い免疫期間を持つことがわかってきた。

だから生後間もなくの複数回とそれから1年後の追加接種をした後は

3年に1回でも免疫を持続できるものと考えられるようになってきている。






最近は3年に1回の接種でいいとおっしゃるお医者さんも

増えてきているようです。

私も3年に1回の病院に転医しようかと思ったのですが

そこは遠いし今のかかりつけのM病院のお医者さんを

ワクチン接種以外では信頼しているので

ここで何とかならないかと考えていたのです。

院長先生は

抗体価は検査した時の値なので次の日にどうなっているかわからない

接種したことでてんかんの発作が起きるとは考えられないし


今まで問題がなかったのだから接種した方が早いし安心

おっしゃいました。






くりりん達がお世話になることが多いK先生は

きっちり1年に1回でなくても大丈夫だけれど3年に1回というのは危険。

くりりんの体調を見ながら接種しようと仰っていました。

てんかんをはじめリスクを持っているワンちゃんでも

狂犬病予防注射はしなければならないと仰るお医者さんもいるのに

M病院ではあちらから免除とおっしゃいましたし

病名はわかりませんが「しなくてもいいではなくしてはいけないんです」と

言われていたワンちゃんもいたので

きっと分ってくれるだろう

もしだめだと言われたら他の病院に行こうと決心し

抗体価検査をお願いしたのです。






K先生は次のようにおっしゃいました。

どのくらいワクチンの効果がもつかわかるので

今回検査をしてよかったかもしれない。

(ワンちゃんにより抗体価のなくなり方が違うのだそうです)

  
本当はみんな検査した方がいいのだろうけれど

検査料が高いので検査する人は少ない


※1匹26000円保険の限度が10000円で自己負担は16000円
 

 2匹で32000円でした。


高額な検査料もそうだけれど

抗体価検査を知らない人が多いのではないでしょうか。






私は抗体価検査のことを知ってから

たくさんの資料たくさんのブログを読みました。

けれど簡潔にまとめることができなかったので

もしもっときちんと知りたいと思われたなら

こちらと

(このブロガーさんは2011年11月以降ブログの更新をされていないので

 連絡の取りようがなく勝手に貼り付けさせてもらっています。

 もしなにか問題になるようでしたら教えてください。)

こちら をご覧ください。






私はワクチン接種が必要ないとは思っていませんし

私の考えをほかの人に押しつけるつもりもありません。

もし一人でも迷っている方がいるなら

参考にするものはたくさんあった方がいいと思ったのです。

ワクチン接種や抗体価検査について書かれたブログもたくさんあります。

一方的ではなくいろいろな考え方の情報を得た上で

判断できたらいいですよね。





コメントを書きにくい内容のようなので

コメント欄を閉じようかとも思ったのですが

思いを語る交流の場にできたらと思い閉じませんでした。


コメントなしでも 
お前の考えは間違っているとコメントしてくれてもOKです(笑)




copyright © 2017 くりりん・じゃじゃまると   風に吹かれて all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。